プラモ製作記

製作中のガンプラの途中経過やら日記やらを突発的に載せるためのブログです。でもなんだか最近はプラ以外の話題多し。 リンクにHPもあるので是非おいでくさいませ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

子供たちと遊ぼう

学習会ネタ。例によって一人称視点モードです。




その日、いつものように苦労して全員の宿題を終わらせた後、子供たちが外へ遊びに行っている隙に日誌をつけていた。(ちなみに外に居る子供たちはCさんが見ている)
この日誌がまた面倒で、出席者を学年別男女別に記入しなければならない。出欠表を見れば分かることなんだが、学年も性別もバラバラの表なので見づらいこと限りなし。Tさん(上司)、Excel使えてない・・・。

と、そこへドタバタとM君が走ってきた。

M君 「センセ!天地やろう天地!」

【天地】とは、チームバトル制のボール当てゲームである。呼び名もゲーム自体も、ローカルなのか全国区なのかは分からないが、俺が小学生の頃によくやっていた。M君達はこのゲームを知らなかったが、俺が以前教えたのだ。
日誌も書き終えたし、まだ時間もある。たまには混ざってやるか。

外へ行くと、Y君とK君が待っていた。どうやら俺を含めた4人でやるつもりらしい。

Y君 「俺、先生と別のチームがいい」

いい度胸だ(’’

俺  「そうだな、Kは3年生でお前ら5年生だから、俺がKと組むことにしよう」

M君 「え~!?先生はちゃんと手加減しなきゃダメだぜ!」

俺  「おkおk」

かくして、決戦の火蓋は切って落された。

ルール
 お互いの立ち位置を決めるラインを引き、両足を任意の広さに開いて固定。ドッヂボールを両手でアンダースローして相手チームに当てる。ボールに触れていいのは腕から先のみ。つまりキャッチする時は体から離して捕らなければならない。

IMG_0907.jpg

・体に付いたらアウト。
・キャッチする時も投げる時も足が動いたらアウト。
・足を動かさずに上半身の動きだけで回避できれば投げた側がアウト。
・相手に当たらずに地面にボールが落ちたら、やはり投げた側がアウト。
・加点方式なので、アウトになったからといって戦列を離れなくても良い。1アウト=相手に1点。

テクニック
・交差捕り・・・両腕を交差してボールをキャッチする技。成功すると1度だけ、3歩前に進んでその場から相手を攻撃できる。飛び跳ねて移動してはいけない。なお今回は身長差が激しいので中央ラインまでしか進めないことにする。
・片手捕り・・・片手だけでキャッチする技。コレが成功した場合、そのまま片手でオーバーハンドスローOK。アンダースローより遥に強烈なのでほぼアウト確定。


まずは相手チームの攻撃。攻撃手はY君。当たり前のように俺に投げてくる。

しかし俺、いきなりワンハンドキャッチ

M君 「ちょ!先生ずりぃ!」

俺  「なにがっかな!」

有無を言わさず速攻な俺。

べし!

Y君 「おブ! 」

俺  「はい1点」

M君 「なんで手加減なしなん!?」

たまらず抗議の声を上げるM君。そのうち自分にもあの球が来ると思ったのだろうか。・・・その通りだが。

俺  「え?かなり加減してるぞ?」

M君 「もっと手加減!」

俺  「仕方ねーなー」

Y君 「くっそ~・・・」

悔しそうなY君。すぐさま、また俺を狙ってボールを投げる。
俺、容赦なくクロスキャッチ
1,2,3っと。

M君 「だ、だからてかげn」

べし!

M君 「あブァ! 」

俺  「はい2点~。喋ってる暇あったら身構えろ~」

Y君 「う~」

ぐぬぬぬ、と悔しそうなY君。はっはっは、思い知ったか(’’

M君 「先生は交差と片手禁止!」

たまらず俺にハンデを課すM君。
手加減はしてるんだけどねぇ、ひっひっひ( ̄ー ̄)

俺  「おーけーおーけー、アンダースローだけでやってやるよ」

その後、何度かK君とM君でやりあっていたが中々点が入らず、Kがキャッチした時に俺にパスをよこした。
すぐにアンダースロー。

べこ!

Y君 「あだ! 」

M君 「アンダースローなのになんでそんな強烈!?」

そりゃ俺が大人だからさ(’’
だがこのままでは勝負にならない、もっと手加減してやらねば。

そうして何度か投げあいの中、とうとうY君がクロスキャッチに成功。
ニヤリと俺に向かって微笑む。
すると、中央ラインを無視してぴょんぴょんと3歩跳ね、俺の至近距離、手が届くような位置に来た。

俺  「おいおい、そりゃルール違反なんじゃねーか~?」

Y君 「しーらね♪」

有無を言わさずY君が投げ・・・る瞬間。

パシ。

Y君 「あ」

ボールがY君の手を離れる前にボールを奪う俺。

近づきすぎだバカモノ( ̄ー ̄)

前に出ている相手は狙ってはいけないルールなので、すぐさまK君にパス、Kもなかなかに要領が良いので速攻をかける。

べこ!

M君 「いて! 」

M君あっけなくアウト。


--そして1時間後--

M君 「orz」

Y君 「orz」


大幅に手加減を始めた俺に代わり、K君が意外な戦闘力を発揮。3年生にして5年生二人を次々討ち取り、結果はコチラの圧勝。

今度こそ、Y君は懲りたかな?(’’
スポンサーサイト
  1. 2007/07/02(月) 18:09:35|
  2. 対こども奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

今年度の公民館学習会 つづき

嗚呼、とうとうタイトルが捻りの無いものになってきた・・・。

まぁそんなことはさておき、前回の続きです。





~次の週~

M君が来た。

「先週わすれてたー!」

やっぱりな。

「で、5年生の勉強はどうよ。ついていけてるか?」

「ん、ちょっとまって・・・・これこれ。これがわかんねー!」

そういって彼が指し示したのは、算数の「直線と角度」の項目。

「・・・お前、ほんと図形関連弱いな」

右脳を使え、右脳を。
などとやっていると、Y君登場。

「こんちわ」

「おっす」

今回は、以前ほど声は小さくない。慣れたのか。

机に勉強道具を広げるY君。すると、M君が近づいていき

「2組のY君?俺さ、3組のMってんだけど。」

「あ、うん」

「宿題終わったら一緒にボール投げしよーぜ」

「うん、いいよ」

微妙に探り探り、やや照れながらMが自己紹介していた。
って、あれ?何?M,お前、そんな殊勝なキャラだっけ!?
ていうか、なんか微笑ましい光景を見た!!
俺、何か忘れていたものを思い出したような気がする!?

心の中で「デカルチャー!」などと叫んでいる俺をよそに、淡々と漢字の宿題を進めるY君。
漢字じゃ教えるこたぁねぇなと、M君の算数を教えることにしよう。

M君が分からない場所は、ある直線に交わる2本の並行な直線の図。それぞれの場所の角度を求める問題であった。
そして予想通り、「並行って何?」というレベルからスタート。
だが今回が前回と違うのは「序盤からの勉強」というところ。
いやぁ、授業始まって1週間程度のことを教えるのは、楽でいいわ。前回は期末テストのレベルだったからな・・・・。

1時間弱、徹底的に教えてこの箇所は完璧になったM君は、得意げに語る。

「俺、頭良くなってねぇ!?」

安心しろ、それは壮大な錯覚だ
が、ソレを言うほど俺もヤボではない。

「おー、よくなってんじゃね?どうせだから良くなるところまで良くなってみろよ」

「おお」

すっかり上機嫌のM君。
・・・お前はホントに単純に出来てんなぁ(’’

先に宿題を終えて待っていたY君のところへ向かうM君。
さて、俺は他の子を教えるとするか・・・・

ズドン! 

いきなり大きな音がした。振り向くとそこには、室内でドッヂボールを投げあうMとYの姿。

ほほう?

「よう、お前ら。室内でボールを投げるな、と何度も言ってるよなぁ?」

低い声で、ゆっくり警告する俺。
するとMはサッとキャッチボール体勢を解いた。うむ、こっちは既に御した。
だが問題は意外なところにあった。
なんとYは俺の警告をシカトぶっこいてボール投げを再開したのだ。意外と反抗的。

「やめろと言ってんだろ。次投げたら実力行使に出るからな。」

しかしまた投げるY。


・・・修正が必要なようだ(’’#


つかつかと歩いてYのところへ行く俺。Yは逃げないようだ。なんだ、意外と肝が据わってるな。

と。

近くまで行った時、突然Yが右手を突き出してきた。

とっさに腕で防ぐ俺。

が、そのまま後ろへ2,3歩よろけさせられた。流石に大きな体躯から繰り出された突きだ。ちょっと面食らった。
けど、なんか素人の突きじゃなかったような?妙に腰が入ってたぞ?喧嘩慣れしてたりするのだろうか。
と、そんなことよりも。

「なるほど?お前の言うことなんざ聞く気はねぇっつーことか。」

「・・・」

無言でニヤニヤするY。ナメられてんなぁ。先週、ちょっと優しくしすぎたか。それにしても、コイツ見事に猫かぶってたんだな・・・。

気を取り直してまた近づく俺。

また突きを繰り出すY。

さっきは油断してたけどなー。昔、剣道やってた頃、背丈の割りに体重は多いほうじゃなかった俺は、相手の突進に散々吹っ飛ばされてきたのさ。んで、身に付いたのがコレなわけよ。

突きを手で軽く払って体をちょっと流せば・・・

スカッ

ほ~ら簡単。相手はよろけて俺の横を通り過ぎる。
流石に今は鈍ってるから、上級者のソレはかわせないだろうけど、小学生程度はなんてこと無いわけだよ。

あせって振り向くY。

しかしそこで我が黄金の左手!神速のアイアンクロー炸裂!(笑)
ひゃっほーい(’’

ガシ!グギギギギ

「いててててててててててててててててててて分かった、分かったよ外でやるよてててててててて!」






かくして、Yは俺の前に敗れ去ったのであった(笑
ま、小学生が俺に勝とうなんざ10年早いのです。

ザ・大人パワー(’’

この後でH君から聞いたのですが、Y君は相撲部屋に通ってるとのこと。
なるほど、あの突きは突っ張りだったのか。
どうりで重かったわけだ(’’;

で、なんでお前はそんな事まで知ってるんだ、H君(汗

ちなみにこの日、申し込みをしていなかったK君も来ました。その友達のM君(小)も【M君(小)は、M君と同じ名前の3年生。なのでリアルでも名前の後ろに大小をつけて呼んでます:笑】来ました。
さらに、ちょっと去年から問題児気味だった(奮闘記には出てきてませんが)S君とMちゃんも来ました。

・・・なんだ、濃い連中は全員残ってるんだな('A`)
  1. 2007/06/20(水) 22:13:47|
  2. 対こども奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

今年度の公民館学習会

さぁさぁお待ちかね(?)、今年も学習会が始まりました。
しかし今年はあらかじめ申し込まれた人数が非常に少ない。名簿を見てびっくりしました。なんと6人しかいない。M君(図形が出来なかった彼)、H君(超ビビリの彼)は名前が載ってましたが。

そんなこんなで迎えた本年度第一回。いつものように1人称視点でお送りします(’’





「トゲ~!久しぶり~!」

いの一番に入ってきたのはH君だった。ドアを開けてダーっと走ってくる。

「おう、無駄に元気そうで何よりだ。とりあえず出席簿に○を付けれ」

この学習会は、入室時に自分の名前の今日の日付のところへ○をつけることになっている。
すると、名簿を見たH君が不思議そうに尋ねてきた。

「・・・あれ?Y君の名前がある。なんで?」

Y君とは、今年になって初めて学習会に参加する新顔である。新顔のわりには珍しく5年生という高学年だ。

「ん?なんでも何も、申し込んだから載ってるんだろ?」

「え~?だって、Y君は転校生だよ。」

「へぇ?そうなのか。つーか、お前知り合い?」

「ん、別に知らない人」

「知らない人なのに、しかも5年生なのに、3年生のお前が何でそんな細かい情報を知ってんだ・・・」

「なんとなく。今年の4月に○○から引っ越してきたんだよ」

なぜ元の住所まで知っている。
お前は学園モノの漫画とかによく居る「情報屋キャラ」か。


しばらくすると、その話題のY君参上。初回なので母親同伴である。彼のほかにも初回のメンバーは母親同伴。初回メンバーが全員集まった頃、その母親に軽くこの学習会の趣旨を説明し、先に帰ってもらった。

さて。件のY君。初見の印象はというと・・・・

デカイ。ガッチリタイプである。だがしかし、非常~~~~に大人しい
いきなり遊びほうける他のガキンチョ共とは違い、学習会が始まるとすぐに学校から持ってきたプリントを出し、勉強を始めたY君。

おおぅ、こいつぁ面倒見るのが楽でいいぜぇ。
と、少しすると呼ばれた。

「あ、先生・・・」

声ちっさ!!蚊の鳴くような声だ・・・。

「ん?どした?」

つい俺の声がデカくなってしまう・・・

「これがわかんない・・・・」

見るとソレは小数点の割り算。細かい説明は省くが、筆算で桁がめちゃくちゃになっている。
おおぅ・・・コイツぁまた、M君並みに手ごわいんじゃなかろうか(’’;
・・・そういやMの野郎、来てねぇな・・・(’’#

案の定、何度も同じ場所を教えるハメになる俺。だがしかし、それなりに理解はしていくY君。非常~~~~にゆっくりとだが。これじゃ学校じゃ付いていけないだろうな~・・・。



そして学習会終了。完璧ではないがそれなりに理解してきたY君を、母親が迎えに来た時、彼が衝撃の発言をした。

明日、少数割り算のテストなんだよね

ちょwwwおまwwwww


<つづく>
  1. 2007/06/19(火) 23:17:49|
  2. 対こども奮闘記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

不定期更新日記兼制作記です。

トゲチョ

Author:トゲチョ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。